NevimをMacOSとCentOSでインストールする手順

「Neovim」をインストールする際の手順です。

「MacOS」と「CentOS」の2種類を書きました。

MacOSでインストールする場合

brew install neovim
pip install pynvim

※ 2018/11/18 「neovim」から「pynvim」にリネームされました。
※ pipでinstallするneovimはneovim本体ではなくNeovimとpython3がやりとりをする為のクライアント。名前が同じでややこしい。

pip show pynvim
sudo vim --version | grep clipboard

「+clipboard」になっているか確認

別の方法

vimを開く

:checkhealth

Clipboard (optional)

・OK: Clipboard tool found: pbcopy

で確認してもOK

CentOSでインストールする場合

sudo yum -y install libtool autoconf automake cmake gcc gcc-c++ make pkgconfig unzip
git clone https://github.com/neovim/neovim
cd neovim
make
sudo make install
nvim (確認)
mkdir ~/.config
cd ~/.config
mkdir nvim
cd nvim

↓これでも可能(CentOS7と6.8で確認)

https://github.com/neovim/neovim/wiki/Installing-Neovim
yum -y install epel-release
curl -o /etc/yum.repos.d/dperson-neovim-epel-7.repo https://copr.fedorainfracloud.org/coprs/dperson/neovim/repo/epel-7/dperson-neovim-epel-7.repo 
yum -y install neovim

dotfilesから自分の設定まるごともってくる

Gitでinit.vim(vimrc)を保存している場合はGitからクローンしてください。

git clone https://github.com/*****/dotfiles.git

シンボリックリンク貼る

この工程はなくてもできますが、設定ファイルをバラバラの場所で管理して毎回設定し直すより、Gitで一括して管理しておく方が便利な為、その前提の話です。

# .zshrc
ln -s ~/dotfiles/.zshrc ~/
# .tmux.conf
ln -s ~/dotfiles/.tmux.conf ~/
# init.vim
ln -s ~/dotfiles/init.vim ~/.config/nvim
# deinのPATH合わせる

dein install

curl https://raw.githubusercontent.com/Shougo/dein.vim/master/bin/installer.sh > installer.sh
mkdir -p ~/.config/nvim/dein
sh installer.sh ~/.config/nvim/dein

nvimでneovimを起動させるとプラグインのインストールが開始されます。

source ~/.zshrc

※bashの場合はzshrcをbashrcに置き換えてください。

clipboard

sudo vim --version | grep clipboard
-clipboard       +iconv           +path_extra      -toolbar
+eval            +mouse_dec       +startuptime     -xterm_clipboard

CentOSだといつも「-clipboard」になりますね、「+clipboard」になった試しがありません。

init.vim を開く

:e$MYVIMRC

これでinit.vimの階層に行かなくても設定が確認できますので、最終調整してください。

関連記事

vimのファイラー「defx.nvim」を設定してみました。 以前からプラグインは入れていましたが、同僚が昨日「defx入れました♪」と言っていたので設定してみました。 いつもは「vimfiler.vim」を使っていましたが、[…]

IMG

プログラミングの最新記事8件